特定非営利活動法人舗装診断研究会の委員会活動

特定非営利活動法人舗装診断研究会には,以下のような3つの委員会があり (2017年7月現在),それぞれ活発な活動を行っています.

委員会名 主な活動内容など
企画運営会議 事業に関する総括・中長期的運営方針の企画
舗装診断装置検証
委員会
FWD測定装置のさらなる普及を目的として, FWD測定および解析における問題点を抽出し, 検証を行っていく. 主な活動は, ①車載型FWD装置における解析差の調査, 解析差の修正方法の検討, 検定方法の検討. ②「土の剛性」について, 小型FWDと他の試験(Mr試験, CBR試験)の評価, 検証を行っていく.
舗装構造評価
委員会
舗装の設計や点検・診断に資する解析技術の向上を目的として, FWD試験データの取得方法や解析方法のあり方について検討を行う. 主な活動は, ①FWDの追跡調査に基づくデータの取得方法の提案, ②動的逆解析プログラムWave BALMを用いた舗装構造評価スキルの習得と普及, ③文献調査および国際会議等での情報収集による海外の舗装技術の動向と最新技術の把握とする.
路面性状
委員会
舗装の路面性状に関する装置や評価手法についての諸検討を進める. 主な活動は, ①IRI共通試験の結果を用いて, 国内の実態に即した測定装置の有用性に関する検証とその方法についての検討, ②IRI共通試験より得られた知見を論文等により国内外へ発信, ③路面のテクスチャやすべり抵抗測定装置の共通試験実施に向けた検討とする.

理事会・企画運営会議・各委員会の関係

正会員(個人)には,1つ以上の委員会への参加を任意でお願いしています.委員会への参加ご希望の方は,上の一覧から1つ以上の委員会を選択して,入会申し込みをしてください.